FC2ブログ
一歩一歩着実に、そして確実に進んでいきたい。

今日の講演

 他のロースクールから、日本の明日の立法を担っている大物を招いての講演会があった。その講演会より。



 結局のところ、どの科目に関しても、判例が重要であることは疑いようのない事実。ただし、判例とは拠って立つ理論的前提が異なるために、結論や用いる法理論が異なる場合もある。

 では、どうするか。

 ある事案に関して、一度は、判例のおかしい点なりを指摘して、それがなぜおかしいのか。さらには、だったらどうすればいいのか、というのを確実に論ずる。このような思考と表現が求められているらしい。

 判例を勉強する事の重要性を改めて認識できたこと、それがどの科目でも変わらないと言えること。さらには、今まで、「なぜそのような議論があるのか」というのが見えなかった部分について、明確に認識することができた。
 実際の問題に関しても、判例に現れた事件とはどう違うか。それについてどう考えるか、という視点はそれなりに有用らしい。そもそも、判例とその事案を理解していなければ、何が重要で何が不要なのかわからない事もある。


 今日の成果はこういった点かな。思った以上に濃い話を聞けた。 
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

author:弁護士 稲毛正弘

群馬弁護士会所属
法律事務所フラットにて執務中
プロフィールのページはこちらから
(どっちもリンクになってます)
最近、よく年齢を聞かれます。
身体を動かすことは好きです。

【コメント・TBについて】
コメント及びトラックバックは全て承認制にしています。
ツイッターエリア
宣伝その1