FC2ブログ
一歩一歩着実に、そして確実に進んでいきたい。

一段落

また忙しくなることが見えてはいても、とりあえずは業務が一段落。

これでやっと、買うだけ買って積んであった本を読むことができそう。
今のところ危険なのは、判例タイムズとか、そういう週刊誌的に増えるものがたまりつつあるところかな。
気を抜くと、すぐにたまって読むのが嫌になるので。

単行本なら、それなりの期間は手元に置いておくし、目次があるから、欲しい時に欲しいところだけ読むこともできる。分野別になっているものがほとんどだから、整理も簡単だし。

けれど、雑誌だとそうはいかない。
一冊ごとにはともかく、全体を見渡せる目次がついてる号は、せいぜい年に1度くらいしか発行しない。
しかも、あらゆる分野にまたがっているから、探すのも読むのも、整理するのも一苦労。
場所がしっかりあれば、そこまで苦労もしないんだろうけど、そういうわけにはいかないし。


なんだか、一難去って、また一難。という事実に気付いてしまった気がする。
ちゃんちゃん。
スポンサーサイト



細切れ時間は活用すべきか

ふと気付くとできる、10分程度の空き時間。
何かやるには短いけれど、かと言って、適当に過ごすにはもったいない。

最近の自分を振り返ってみると、そういう時間が色々なところにできている。

勉強法だとかそういう本を読むと、この細切れ時間とやらを有効活用すれば、もっと色々なことが勉強できたりだとかするらしい。

それって、本当かね?

細切れ時間も有効に活用するぞ!
なんて息巻いていると、肉体的にもそうだけれど、精神衛生的にものすごく良くないような。
かえって、そんな時間にはぐだぐだしている方が、よっぽど良いような。他のまとまった時間にしっかり集中して動けるように。
一応、細切れ時間を有効活用できるよう、机に適当な本を置いたりもしているけれど…。

勉強するにしろ何するにしろ、やるときにはやるぞ! って気合いを入れてやった方が、よっぽど集中力も続くし効率も良いような気がするのだけれども。

まぁ、こんなことを言っているから、休日出勤したりだとか、夜遅くまで仕事するはめになったりするのかもしれないけれども。


多少なりとも夜が遅くても、のんびり頑張るか、昼間にしっかりやって、サッサと帰る方向で頑張るか。
どちらにしろ、まだまだ試行錯誤中。どちらの方が自分にとって良いのか。

さてさて。まだまだ頑張りますか。
プロフィール

author:弁護士 稲毛正弘

群馬弁護士会所属
法律事務所フラットにて執務中
プロフィールのページはこちらから
(どっちもリンクになってます)
最近、よく年齢を聞かれます。
身体を動かすことは好きです。

【コメント・TBについて】
コメント及びトラックバックは全て承認制にしています。
ツイッターエリア
宣伝その1